="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#"> 光が増えて行く中で - 想い
FC2ブログ

Welcome to my blog

夜空を見上げてため息ひとつ。

地球に馴染み切れない、怖がりな宇宙人のひとりごと。

 光が増えて行く中で

どうも、そらいろですヽ(・∀・)ノ


私は元々、この世界のルールや常識、縛りが苦手です。
この世界のルールは、この世界でしか通用しないものです。

以前にも少し書いた事がありましたが、皆が同じ方向を向いて同じように生きなければいけない、そこから外れると変わり者やだらしがないとかいう様々なレッテルを貼られてしまうこの世界。


何故、自分の人生を大事にしてはいけないのか。
何故、自己犠牲が美しいと称賛されるのか。

学校や会社では往々にして決められた時間内で、決められたように過ごす事が普通。
ちょっと調子が悪いぐらいで休めば叩かれる。
お腹が空いていないのに、食事の時間だからと無理して詰め込む。

朝が弱い人もいるし、夜型の人もいます。
色々なタイプの人間が暮らしているのに、1つのルールでまとめようとするのは無理がある。

そうは思いませんか?


最近は地球のエネルギーが上昇しているせいか、私の中でも強烈に浄化の働きが起きています。
以前にも増して、自分の想いに嘘が吐けなくなりこの世界の偏ったルールの中で過ごすのが苦痛になっている。

これまでは、何とか外側の世界と上手く擦り合わせをして生きる事が出来ました。
周りの人達とも上手くやって行けるように、努力して来ました。
お陰で順能力や対人関係のスキルは随分と向上しましたが(笑)

それらが、最近とみに辛いのです。

朝起きて、これをしたい!と素晴らしいアイディアが浮かんでも、

「いやいや、仕事に行かなきゃだから…そんな事やってる場合じゃないし」

と、せっかく芽生えたアイディアやわくわく感を自分で殺してしまう。
そういう事の繰り返しに、ほとほと嫌気が差しているのです。

確かに仕事は大事です。
生活をして行く為には、割りきって働く事も必要でしょう。
一生懸命に取り組めば、それなりの評価も付いて来ます。

これまでずっと、割りきって仕事を頑張って来ました。
でも、外側の評価とは裏腹に、本当の自分自身がどんどん力を失っていくのを感じていたんです。

でも、そう言いながらも私はきっと仕事に行くでしょう。
従順でイエスマンな一面と引き換えに、すっかり臆病になってしまった私はこの檻の中に慣れ過ぎてしまったのかも知れません。

20171120095635275.jpg


仕事をする事、働けるという事はありがたい事です。
様々な経験の中で、自分を磨いていく事が出来る貴重な場です。
それは本当にそう思っています。

でも、いつか私はこのシステムから外れたい。
何も知らない人から見たら、ニートに憧れてる単にやばい大人ですが(笑)

この世界の学びを終えて、皆がそれぞれに好きな事をして暮らしてゆける世界は、実はもうすぐそこまで来ていると聞いています。
それまでは、悩んだり苦しんだり葛藤したりしながら、自分の方向性を定めていけばいい。

貨幣社会の存在しない、愛や思いやりがベースの世界では体験出来ない事がこの地球上では沢山経験出来ます。

全ては、光に還る為の道程。
それはどんな存在だとしても、1つとして例外は無く、そうなのです。

10年前20年前は、「自分を大切にしよう」というワードは今ほどメジャーではありませんでした。
今はわりと頻繁に目にするまでに周知されて来た感覚の1つです。

同じように、宇宙人や目に見えない世界の話もどんどんメジャーになって来ましたね。
時間はどんどん早くなり、世の中や私達の内側にも光が当たり強烈な炙り出しが起きています。

地球という惑星、そして私達一人一人が「本来の在り方」に戻ろうとしているんだと思います。

若者が結婚という枠に囚われない付き合いを望んだり、出世などに興味を持たなくなったり。
昔のようなガツガツと登り詰める生き方から、緩やかに降りていく「足るを知る」生き方を選ぶ人達も増えています。

20171120095051690.jpg


確実にこの世界は変化して来ている。
だからきっと、今のこの混沌として偏ってしまっているこの世界も、未来から見たら

「あの頃は大変だったよねぇ」

そんな風に穏やかに振り返っているんじゃないかなと思うのです。


長々と書きましたが、書きながら自分の考えをまとめたり、悩みに対する答えのようなものに辿り着けて良かったです(笑)

もし、私と同じような感覚の中で苦しんでいる人がいたとしたら。

「大丈夫、あなたの感覚を信じてあげて」

「これからは少しずつ、本当の自分で生きられるようになって行くよ」

そんなメッセージを心から伝えたいと思うのです。
もちろん、自分自身にも…。




最後まで読んで下さり、ありがとうございました☆



***本日のおすすめ***


関連記事

0 Comments

Add your comment