="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#"> 選択する自由を取り戻すという事 - 想い
FC2ブログ

Welcome to my blog

夜空を見上げてため息ひとつ。

地球に馴染み切れない、怖がりな宇宙人のひとりごと。

 選択する自由を取り戻すという事

お久しぶりです、そらいろですヽ(・∀・)ノ

色々あってご無沙汰しておりました。
まだ万全ではありませんが、ぼちぼち書いて行きますよ!



私が昔からずーっと考えている事があります。
ずーっと不思議に思っている事があります。

「何故この世界から争いは無くならないのか?」

歴史を振り返ってみても、いつの世も争いばかり。

ちょっと視点を変えて。
古代文明時代や惑星間の関係なども、知ってる限りではありますが争いばかりだった訳です。

201712161608149d5.jpg


この宇宙に存在する惑星や文明は、争いやゴタゴタ、傷付け合う過程を経て進化していくプロセスを選択してるという事ですかね?

あとは、ネガティブエネルギーを生きる糧にしている宇宙人が昔からしつこく頑張ってこのシステムを構築し死守しているとか何とか。

まあ今は色々な情報がネットや書籍などにも溢れてますので、そこらへんは割愛しますが。


まあ、上記のようなシステムが実際に機能していてもいなくても。
決めるのは、選ぶのは紛れもない自分自身な訳ですよ。

例えば

「この法案が通れば戦争をする可能性が出て来ちゃうけど、辛いのは皆同じ!皆でここを耐えてこの国を守ろう!」

とか何とか言われて、かけがえの無い一人息子を政府に差し出す事を決めるのもあなた。

「いえ、私はそんな事に到底納得や理解は出来ないので拒否します」

そういって、大切な家族を守る事を決めるのもあなた。

「私だってしたくないけど、決まった事だし皆も我慢してるし…」

そう言いながら、大切な家族に何かがあった時あなたはどうします?
それを「強制した」政府を恨みますか。
裁判でも起こして彼等を糾弾しますか。

でもね。

何かがあってからでは遅いのですよ。

そして。
嫌々ではありながら、例え納得していなかったとしても。

それを最終的に「決めた」のはあなたなのですよ。

周りから色々言われるのが嫌だから。
自分だけ違う意見を言って後ろ指を指されたり、嫌われたら嫌だから。
何より、

「誰かの責任にしていれば、何かあった時に楽」

だからではありませんか?

もっと言うなら、本当に我慢すべきところはそんなところじゃない。


予防接種なんかにも同じ事が言えますね。
ふた昔前とかならいざ知らず、今は手軽に必要な情報が拾える時代です。
テレビや週刊誌などですら予防接種は効果が無いと言い始めている昨今。
それにも関わらず

「お医者さんがした方がいいって言うから…」

「周りは皆やってるし、自分のところだけやらないのはちょっと…」

そうして考える事を放棄して、責任を「自分ではない他の誰か」に丸投げしておいて、何かが起きてしまった時には病院や、それを勧めた人達を恨む。

予防接種は、打つ前に必ず承諾書にサインさせられますよね?
それを書いた時点で、あなたは自分自身で予防接種を受ける事を選んだ事になるのですよ。



あれ、また話がそれてしまったぞ(´Д`)笑

多くの人はテレビなどの偏向報道で思考停止になってしまっている。
毎日毎日子供の頃からおかしな情報を世の常識だと刷り込まれ、疑う事も出来なくなっている。

でも、それすらも選択権は自分自身にあるのではないかというのが私の考えです。

特に何も考えず、メディアで報道される事を信じる人。

悲惨なニュースばかりがピックアップされる事を疑問にも思わず、

「怖いわねぇ~、うちも気を付けなきゃ…」

そんな事を呟いて、数分後にはそんなニュースの事なんかきれいさっぱり忘れてまた日常に埋没してゆく。

でも、それはそれでいいのです。

その人の選択するものを侵す権利は誰にもありません。
正しい情報が目の前にあっても、その事に興味が無い人にはそれは見えません。目に留まらないのです。


ですが。

一人一人が、心からの優しさと平和を願う強い気持ち、思いやりや他者への理解を持つ事が出来たら。

皆、どんな人であっても心の奥底では光を求めているのではないでしょうか?

一人一人が自分自身の選択するものの影響、想いの持つ力や可能性を信じて思い出してくれれば。

この世界からは今すぐにでも争いなんて消えてしまうと私は思うのです。

20171216160935954.jpg



どうか、誰かの意見や周りの目に流されるのではなく。
どうか、恐れる事無く。
自分自身の内側からわき上がる声に耳を澄ませて下さい。
そしてその声に出来うる限り忠実に生きて下さい。
(決して自分勝手に生きろという意味ではありませんよ)


あなたの代わりはどこにもいないんです。
あなたの人生の責任は、あなたにしか取れません。


争いの無い世界を望み、そこへ向かって生きるのか。
今のままでいいと変化を嫌い、怠惰に生きるのか。

「一体そらいろは何を言ってるんだ?」

分からない人がいても、それもまた自由です。

全ての選択権は、あなたにあります。


あなたは、どんな未来を望みますか?




最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


***来年の手帳の準備はお済みですか?***



関連記事

0 Comments

Add your comment