="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#"> 何事も一夜にしては成らないけれど、どうか諦めずに - スピリチュアル
FC2ブログ

Welcome to my blog

夜空を見上げてため息ひとつ。

地球に馴染み切れない、怖がりな宇宙人のひとりごと。

 何事も一夜にしては成らないけれど、どうか諦めずに

どうも、そらいろですヽ(・∀・)ノ


うーん、ケガにしても他の何かにしても。
急にはやっぱり治らない、変わらないですよね。

突然何の話だって思いましたか?笑


いや、旦那さんのケガを見ていたら、という訳ではないんですけどね。
何事も一夜にして成らずというか。

ケガをする、壊れる。
そのようなものは本当に瞬きの間の一瞬の出来事なんですけど、治る、治癒する、元通りになるのには時間が掛かるのですよね。

小さな子供が積み木で結構大きなおうちなんかを、頑張って時間を掛けて一生懸命作る。
でも、壊れてしまう時は一瞬なんです。

まあ、ケガに限らず全ての物事はそんな風に出来ているように思います。


元々は平和で穏やかな、美しい星だったこの地球。
かつては争い合う事も欺き合う事も、ましてや大義の元にかけがえのない命が奪われるような事は決して無かった。

お金というものは存在しておらず、地球上にあるものは皆で分け合って。
全ての人々は満ち足りて暮らしていて、動植物とも共に支え合い、与え合って存在する事が普通だったのです。

そんな世界を、今のような苦しみや搾取。争いだらけの不自然な世界に一部の存在達が時間を掛けて作り替えて来た。
人々がそれと気付かないよう、少しづつ、ゆっくりと。
不自然なはずの価値観は、長い年月の間に人々に受け入れられ。
今ではそれらは「常識」なんて呼ばれて、逆にそこからはみ出す人々を異端扱いするようにまでなった。


でも、少しずつその事を知り気が付く人が増えて来ました。
真実の歴史を知らないとしても、ネガティブな心持ちや言葉を手放し、意識的に愛や優しさなどのポジティブな【光】と繋がる人達が、ここ何年かで物凄く増えて来たように感じています。

「我慢は美徳ではない」

「本当の意味で自分らしく生きる事は、わがままなどではない」

「私達はもっと、自由に生きていい」

【この世界はどこかおかしい】

その事に気が付き、本来の「自然な生き方」を思い出す人達がとても増えて来ています。


この豊かで美しい地球を自分達だけのものにしよう、と遥か昔に一部の存在が搾取を始めました。
より効率よく搾取出来るように、あくまで自然に。気付かれないように、その仕組みを長い年月を掛けて作り上げ、そしてそれは成功しました。


ですが…今、そのネガティブな仕組みが完成し、人々に馴染むまでに費やした時間よりも早いスピードで目覚めが起きているような気がするんです。

そうはいっても、古い価値観の中でそれを支えにして生きて来た人達の意識は、そう簡単には変わらないとは思います。

でも、兆しが見えて来た。

今まで、苦しい苦しいと違和感を感じながらも、目に見えない檻のようなものの中で我慢して生きて来た人達。
わがまま、変わり者、非常識。
そんな風にレッテルを貼られ、理解されないまま傷付いて来た人達。
受け入れられない知識は封印し、生きて行く為に周りに合わせ、頑張って来た人達。

そんな人達の持つ本来の価値観が、少しづつではあるけれどようやく認められて来たように思うのです。


新しい価値観、本来の在り方。
自由で軽い心持ち。笑顔や愛、優しさで繋がり合う事。
何にも縛られず、冒されず。
好きな事をして、好きなように生きる。

それらが本当は「普通」で、「常識」だと私は思うんです。

今ではそれが全くの逆になっています。
それは例えるなら、上から下へと流れ落ちる水をせき止め、無理矢理に下から上へと流すようなもの。
本当はそのぐらい不自然な事を、私達は知らないうちに受け入れてしまっている。


お金の為に人を殺す、殺される。
お金の為に、犯罪に手を染める。
そんな事が、果たして本当に「見慣れてしまった日常」の一面で良いと思いますか?

テレビニュースではほとんどといっていいほどネガティブな出来事ばかりを取り上げますが、本当はもっと取り上げるべき明るいポジティブな話題も沢山あるとは思いませんか?

現に、私達やあなたの身の回りで起こる出来事は、そこまでネガティブなものばかりではないはずです。

私達は知らないうちにネガティブな波動、言葉、場面に晒されているんです。
意識的に離れる努力をしないと、マスメディアの思うがまま…
思考停止した都合の良い存在になってしまうんですよ。


ちょっと話が逸れましたね(^-^;

何事も新しく作ろうと思うと時間が掛かってしまうもの。
この世界をオセロに例えるなら、黒が勝っていた局面で、ようやく白が本領発揮して来たといったところでしょうか。

遥か昔にこの地球を牛耳った存在には、自分達以外に味方はいませんでしたが…
今回は地球自身が次元上昇をすると決めているので(既にしていますが)、光を選択する人達を応援、サポートしてくれているのです。

諦めずに、全ての人達がその手に自由を取り戻す日を待ちましょう。
蒔かれた種は、小さく弱そうに見えたとしてもちゃんと育っています。

20180605181921470.jpg


この世界に違和感を覚える人達。
地味でもいい、些細な事でもいいんです。
どうか一緒に光の種を蒔き、それを育ててゆきませんか。



最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


関連記事

0 Comments

Add your comment