="og: http://ogp.me/ns# fb: http://ogp.me/ns/fb# article: http://ogp.me/ns/article#"> 天文台に行って思った事 - スピリチュアル
FC2ブログ

Welcome to my blog

夜空を見上げてため息ひとつ。

地球に馴染み切れない、怖がりな宇宙人のひとりごと。

 天文台に行って思った事

どうも、そらいろですヽ(・∀・)ノ


先日、地元の天文台に行って来ましたよ。
展示室が新たに併設されていたので、せっかくだからと入ってみる事に。
惑星、流星などを含む宇宙の事を色々と学べるスペースとなっておりました。

…なんですけどね。
確かに、普段の生活ではなかなか得られないような専門的な知識が盛りだくさんだったのですが。
私にはちょっと(だいぶ)物足りなかった…。

私が知りたいのは、本物の宇宙の歴史。
他の惑星に住む(住んでいた)生命体やその星の高い水準の技術。
かつて起こっていた惑星間戦争。

核戦争により滅んだ過去を持つ、地球の真の歴史。
この宇宙以外の宇宙の事。

そのような内容がごっそりと抜け落ちた表向きの歴史は、お世辞にも魅力的とは思えないものでした。


20180818223426782.jpg


地球がアセンションするにつれ、昔に比べて、だいぶ私達人間のエネルギーや知識のレベルのようなものも上がって来ていると思います。
でもまだ。霊がいるいないで議論したり、神様なんている訳ないと嘲笑したり、宇宙人=映画の中で地球に攻めいるエイリアンと思っていたり。
そのような意識の人達が多いのではないでしょうか。


物事には段階があります。
ある日突然この世界がガラリと様変わりして、桃源郷になる訳ではありません。
意図的に意識をミスリードされ続けて来た世の中はまだまだ、本当の情報が表に堂々と出るには厳しさを残しています。

ですが、ネットを中心に少しずつ真の情報を知る人達が増えて来た。
そうする事で、この世界のからくりに気付く人達も同じように増えて来ました。
ネットが全てにおいて正しいとは全く言いませんが、それでも真実を知る(思い出す)ツールのひとつになっているのは間違いないでしょう。

無意識であっても、真実を知りたいとの思いがあるならば、必ずそれらの欠片が目に留まる。
逆に言えば、そのような思いが無ければ、この先もずっと真の情報に辿り着ける事は無い…。



世の中の7割から8割の人達は、ごくごく一般的な価値観の範疇で生きていると言われています。

世間的な常識、新聞やTVなどのマスメディアからの情報に依存していて、その外側の価値観は理解出来ないし、しようとも思えない。
平凡ながらも幸せに生きて、いつか寿命が来て穏やかに死ねたならそれでいいと思っている。

それはそれで良いと思います。
本人が心からそれを望むならば、誰もそれを奪う権利はありませんし、出来ません。


天文台の展示室であの日、私のような感覚を持ち併せていた人はどのぐらいいるのでしょう。
もしかしたら私が知らないだけで、同じように感じていた人はいるかも知れません。

20180818223531688.jpg


これから数年に渡り、日本を初め世界は変わって行くと聞いています。
地球がアセンションしている今、いつまでも既存の世界のままこれからもゆく事は不可能でしょう。


近未来には、もしかしたら真の歴史が学べる場所が出来ているかも知れないですね。
今の学校に近いような形で、でももっと自由度が高く、本物の歴史や本物の科学技術、波動やエネルギーなども学べる場所。

そのような場所が普通に在る世界は、夢物語などではなくすぐそこまで来ているのかも知れません。




最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


関連記事

0 Comments

Add your comment